割引券、サービス券、クーポン券、回数券、金券、チケット、チラシ、フライヤーの激安印刷

データ作成の注意点

データ作成の前に

 クーポン券、金券、チケット、回数券、会員カード、会員チケット、スタンプカード等のデザインテンプレートからご注文の方の入稿は、「デザインテンプレート掲載内容記入フォーム」からアップロードが可能です。

 弊社「データ作成の前」の基礎知識をご紹介します。データ作成前やデータ入稿前に必ずご確認してください。

データ作成時の注意点 イラストレータ


弊社 対応可能なバージョンについて
弊社ではイラストレータの対応可能なバージョンはCS6迄となっております。
また、CS6以上の場合は、CS6へバージョンダウンの保存を行いご入稿ください。ご入稿後、弊社印刷用PDFデータに保存したデータをお客様にデータに破損部分が無いか1度ご確認の作業をお願いしております。


文字は必ずアウトライン化してください。

アウトライン化の仕方は、アウトライン化したいフォントを選択→画面上部の「文字
メニューから「アウトライン作成」を選択します。
文字のアウトライン図説 画像の配置について
画像はリンク画像、埋め込み画像のどちらで配置されても構いません。

埋め込み画像にする場合
配置画像の埋め込みは、配置後に画像を選択して埋め込んでください。画像を埋め込むとデータ容量は大きくなりますが、Illustratorファイルと画像が一体化しますのでリンク切れの心配がありません。画像を更新した後は、「上書き保存」をお忘れなく行ってください。

リンク画像にする場合
画像配置する際に、「リンク」のチェックボックスをオンにすると、「リンク」の状態になります。画像をリンクした場合は、必ずIllustratorファイルと同じ階層に配置してください。
Illustratorで作成されたファイルをリンクする場合は、トラブルの原因となります。配置するファイルは、必ずPhotoshop PSD形式Photoshop EPS形式の画像データにしてください。

 

用紙サイズについて ・トンボ設定と塗り足しについて  ・色について(RGBとCMYKの違い)

 

レイヤーについて
不可視レイヤーは印刷されません。可視レイヤーの部分のみのオブジェクトとして印刷しますので、予めご注意してください。
又、画面上で見えており、オブジェクトも可視できますが、プリント」にチェックの入っていないレイヤーは、印刷データには含まれませんのでご注意ください。

オーバープリントについて

K100%のみの線画や画像のオブジェクトは、すべてオーバープリントされます。
カラー印刷は4色(C、M、Y、K)のインクを使って印刷しますが、印刷時にインクの色ごとに刷版を作り、4版のインクを刷り重ねることでカラー印刷が行われます。その際に、4色の4版の位置が少しズレたり、紙が伸縮することで異なるオブジェクトの色の境界に隙間ができ、紙の白が見えてしまうことがあります。これを一般に版ズレと言います。
版ズレを防ぐために、色の異なるオブジェクトの境界に、お互いの色が混じり合った領域を作ることによって、多少版がズレても混じり合う部分の領域が増減するだけで、紙の白が目立ちにくくなります。
オーバープリントとは、線画や画像のオブジェクトの色を混在される領域を作る技術です。
弊社では、オーバープリントは、印刷の製版工程でRip処理時に自動的に行われます。

仕上がり位置について
仕上がり位置に、白を含む色の着いた線や四角などのオブジェクトを置かないでください。
印刷されてしまい、イメージ通りのデザインに仕上がりにならない場合もございます。

仕上がり位置に色の着いた線を引かないでください。


オブジェクトのロック、オブジェクトを隠すについて
オブジェクトのロック(ショートカットキー win ctl+2、mac ⌘+2)及び、オブジェクトの隠す(ショートカットキー win ctl+3, mac ⌘+3)は、解除してご入稿ください。 弊社印刷用PDFへの変換作業時に、トラブルになる可能性もあり、納期や印刷物の製品の仕上がりにも支障をきたす事にも繋がりますのでご注意下さい。

両面印刷にて、上下(天地)関係の指示方法
ポイントカードなど両面印刷にて、上下(天地)関係の指示方法
ポイントカードなど作成上,表面と裏面の天地が逆のまま作成されてしまう場合もございます。
下記図のように、印刷面の表裏の上下関係を指示してください。

表面、裏面の上下(天地)関係の指示方法

スミ(黒)ベタとリッチブラックについて
K(黒)100%の色をスミベタと言い、これにC、M、Yの色をそれぞれ40%くらい重ね刷りした黒をリッチブラックと言います。
同じ黒でも、リッチブラックの方が黒にツヤが出て締まりのある色に仕上ります。
リッチブラックのC、M、Yの色濃度は40~50%程度が理想的です。弊社では、C、M、Y、Kすべて100%の色の掛け合わせは大量にインクを使い、印刷の際に裏写りの原因になる為に薄紙などの用紙は制限を設けています。
また、枚数が多い場合は、インクを大量に使う為にオプション価格になります。併せてお問い合せください。
なお、K100%のスミベタを使用されているオブジェクトは製版時に自動的にオーバープリント処理されますので予めご了承ください。
べタ図説


ヘアライン・罫線の設定について

線を引く場合は、線の太さを0.25pt(ポイント)以上にして下さい。
ヘアライン及び、0.25pt以下の罫線には、ご注意下さい。
ヘアラインとは、「塗り」で色を設定し「線」には色を設定していない罫線を事を意味します。
また、0.25pt以下の罫線でも、プリンタでは、ある程度の太さでプリントされる事もありますが、オフセット印刷機での印刷の場合は、出力機にて正常に出力されませんので、イメージ通りの印刷物の製品にはなりません。

極細の線のイメージ図

●CS6以降のバージョンでご入稿される際、イラストレータ上にて『オブジェクトロック』や『レイヤロック』を解除し、全てを選択した状態(WINならCtr+A MACなら、⌘+A)で、オブジェクトより、「アピアランスを分割」を行った状態で、別名保存にてバージョンダウンのイラストレータCS6で保存してください。
ご入稿後、弊社にてイラストレータデータの内容に不備が無いか確認作業を行い、不備の無い印刷データであれば、弊社印刷用PDFデータに変換をいたします。また、不備であれば不備内容をお知らせし再入稿をしていただきます。
再入稿についてはコチラ
弊社印刷用PDFデータをお客様にご確認いただき、メールもしくはお電話での確認完了のお知らせを受けてから印刷の方に工程を進行いたします。

ご注文内容と同じサイズでデザイン作成されていますか?ご注文前に、もう一度ご確認されることをお勧めいたします。

 

   テンプレートダウンロードボタン

 

    用紙サイズ、トンボ設定、塗り足しに付いて

       下記をクリックしてください。

 

       用紙サイズについて ・トンボ設定と塗り足しについて  ・色について(RGBとCMYKの違い)

 

 

データ作成時の注意点 フォトショップ

弊社 対応可能なバージョンについて
 弊社ではフョトショップの対応可能なバージョンはCS6迄となっております。
 ご入稿後、弊社印刷用PDFデータに保存したデータをお客様にデータに破損部分が無いか
 1度ご確認の作業をお願いしております。

印刷に適した解像度について 印刷データに適した解像度は実寸で300~350dpiです。
 デジタルカメラの写真画像は72dpi程度ですから、解像度を350dpiに変更してください。
 (使用サイズの原寸にしてください) 解像度が72dpi程度ですと、モニターではきれいに見えますが、実際に印刷されますと
 オブジェクトが粗く、ぼやけた仕上がりになり ますのでご注意ください。

レイヤーについて 作業中に複数作成したレイヤーはすべて1枚に統合してください。
 画像を統合すると、フォントもすべてラスタライズされ、ファイル保存をする際にPhotoshop形式(psd)以外の保存形式の選択が
 可能となります。画像統合を行わないとPhotoshop EPS形式のファイル形式での保存が不可能となります。

カラーモードについて 印刷データはリンク画像も全て、必ずCMYKで作成してください。
 Photoshopでの作業中にRGBカラーに変更されても必ずCMYKカラーに変更してください。
 チャンネルは必ず8bit/チャンネルを 選択してください。以下の手順でCMYKカラーを作成してください。

 イメージ ⇒ モード(M) ⇒ CMYKカラー ⇒ 8bit/チャンネル

 RGBモードのデータをそのまま印刷しますと、色の表現領域が違うためにRGBのデータは全体的に暗くくすんだ色で印刷されますので、 ご注意ください。

保存形式について 必ずPhotoshop EPS形式で保存してください。
 保存の際は、必ず画像を統合してアルファチャンネルや必要ないパスを削除するようにしてください。
 EPS形式で保存できないデータがある場合のみ、Photoshop形式(psd)で保存してください。
 その場合も画像は統合して、アルファチャンネル等は除いてください。

再入稿についてはコチラ

 

 

データ作成時の注意点 オフィス系ソフト

 

作成されたらofficeデータをそのままご入稿になれます。(2013対応)
Office系のソフトはRGBのデータであるため、印刷データのCMYKに変換する必要があります。
Office系のソフトには、印刷データを作る機能がないために、弊社にて印刷に適したデータに変換します。

RGBからCMYKへ変換の注意点・色味が変わります。
RGBの3色からCMYKへ変換する際に必ず色味が変化します。
CMYKカラーはやや暗く、くすんだ色になるのが特徴です。予めご理解ください。

・書体が変わり、レイアウト崩れが起きます。
一般にフォントの種類が多く、お客様が作成されたデータのフォントが弊社にない場合は、自動で近似フォントに置き換えて作業を 進めますが、その際レイアウト崩れや文字ズレが発生したりします。Office系データの特徴です。レイアウト崩れや文字ズレは、弊社で再編集しますので、お客様にチェックしていただく必要があります。予めご了解ください。
ご入稿されたデータは弊社にて印刷データに変換後にPDFデータにてメールで送信致します。その際に、内容をチェックいただくことになります。
データ変換手数料と営業日が加算されます。オフィス系ソフトの変換手数料と追加営業日
※ 軽オフセット印刷その他ページ物の印刷は、その限りでありません。別途記載の価格表に、変換手数料も含まれています。

 

データの保存期間について 

  お客様が入稿された印刷データや、プリントフェスタで作成した印刷データの保存は、2年間を保証期間とさせていただきます。2年以上の保存は、データの劣 化やサーバー整理による処分等のケースが有りますので、予めご了承ください。お客様の作成された元データは、ご自分で保存されるようにお願いします。

 

 

仕切り線

 

 


 
akusento4.jpgのサムネール画像 データー入稿の注意点  ⇒コチラをクリック

   ①  データーをフォルダにまとめて圧縮する。         ②  入稿時の添付資料について

 

 

 akusento4.jpgのサムネール画像 データー入稿の方法  ⇒コチラをクリック

   ①web入稿        ② ファイル転送入稿         ③ eメール入稿      ④ メディアの郵送

 

 お探しのピッタリの商品は、見つかりましたか?仕様・枚数・その他

の条件が異なる場合は、お見積もりいたします。お気軽にどうぞ!!

   estimate01.jpg

info01.jpg


 

 

oshiharaiobi.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

oshiharai.pngのサムネール画像

 

daibiki.jpgのサムネール画像のサムネール画像

代引き手数料無料  代引きは、ヤマト運輸になります。商品到着時に、ドライバーにお支払いください

 


yubin.jpgのサムネール画像のサムネール画像

〈前払い〉ご注文確定後に、お早めに近くの郵便局でお支払いください。用紙は、局に備え付けの用紙をご利用ください。

 


ginkou.jpgのサムネール画像

〈前払い〉ご注文確定後に、お早めにお支払いください。都市銀行、ネットbank 等詳しくは「お支払い方法」をご確認ください。


sen.jpg

 

souryou.jpg

お届け先、全国、1箇所までは送料無料です。ただし、離島は、納期が異なります。詳しくは ⇒コチラ


 

nouki.jpg

納期は、1日、3日、4日、6日の中から選択できます。冊子は、1日、3日は選択できないものもあります。

詳細は、各商品の納期日をご確認ください。    詳しくは ⇒コチラ

 

hosyou_obi_1.jpgのサムネール画像

 

  

【下記のメニューから価格・仕様の確認や注文ができます】

クーポン券・割引券・チケット等(デザインテンプレートから注文)⇒コチラ   クーポン券・割引券・チケット等(完全データでご注文) ⇒コチラ

金券・商品券・ギフト券・チケット等(デザインテンプレートから注文)⇒コチラ    金券・商品券・ギフト券・チケット等(完全データで注文) ⇒コチラ 

回数券・抽選券・チケット等(デザインテンプレートから注文)⇒コチラ       回数券・抽選券・チケット等(完全データでご注文) ⇒コチラ

会員カード・スタンプカード等(デザインテンプレートから注文)⇒コチラ      会員カード・スタンプカード等(完全データでご注文) ⇒コチラ

チラシ・フライヤー・リーフレット・プログラムなど(完全データで注文) ⇒コチラ

定番メニュー
封筒 印刷
チラシ・フライヤー印刷
うちわ印刷
名刺印刷
中綴じ冊子・無線綴じ冊子
コピーガード用紙
その他
お支払い方法
営業日時・お問合せ方法
    ■営業時間
    (平日)8:15~19:00
    ■営業日
    月~土
    (但し第2・4土日、祝日は休業)
    ※メール、FAXでのお申し込みは
     24時間受け付けております。
    ■お問合せ方法
    メール:printfesta★e-festa.net
    (★を@に変更)
    FAX:099-244-6681
twitter.jpg https://www.printfesta.com/images/facebook.jpg blog_banner.jpg 0816.jpg