印刷通販プリントフェスタ

なら豊富なデザイン集から選んで簡単注文!

ようこそゲストさん ログインする
商品一覧
営業日カレンダー
営業日時・お問合せ方法
    ■営業時間
    (平日)8:15~19:00
    ■営業日
    月~土
    (但し第2・4土日、祝日は休業)
    ※WEBからのご注文は
     24時間受け付けております。
    ■お問合せ方法
    詳しくはコチラ
    FAX:099-244-6681
便利なサービス

3つの安心保証(品質保証、納期厳守、低料金保証)

hosyou_midashi_5.jpg

  印刷通販プリントフェスタでは、クーポン券・割引券・サービス券・金券・商品券・ギフト券・回数券・スタンプカード・チケット・チラシ・ポスター・プログラム・リーフレット等のあらゆる印刷物をデザイン・作成・印刷したい方のために、安心して注文していただくための「3つの安心保証」を約束しています。これは、私たちが普段にお客様と取引していく中で、当たり前のことですが、敢えて公言することで、お客様が安心してご注文していただくためです。以下に、「3つの安心保証」その内容を紹介します。

 

 

伝票 作成 印刷のtopはコチラ   領収書 作成 印刷はコチラ   チケット 作成 印刷 音楽のtopはコチラ

 

hosyou_midashi_2.jpg

 オフセット印刷  

 オフセット印刷は、印刷機にセットする「版」(又は、刷版)にインキを載せて、紙にインキを転写する印刷方法です。オフセット印刷は、この「刷版」にアルミ板でできたPS版を使用します。軽オフセット印刷が、この版に紙を原材料にした「紙版」を使用するのと大きく異なります。アルミ板と紙版の材料費の違いが、印刷費に影響しています。PS版の焼き付けは、CTP出力が一般的です。

 

PS刷版のCTP出力 (Computer To Plateの略) 

tyusen03.jpgのサムネール画像のサムネール画像

CTP出力の印刷が綺麗な理由 

印刷の仕上がりを左右する一番のポイントは、印刷機の性能もさることながら、4色機等の印刷機にセットする刷版の精度によると言われています。10年位前までは、フイルムセッターでポジフイルムを現像してから、刷版に焼付けをする方式でしたが、CTPの出現で、ポジフイルムを介しないで、刷版の焼付けが可能になりました。現在の印刷業界では、CTPが主流になり、最高精度の刷版出力システムになっています。

 オフセット印刷は、DTPで作ったデータを、リップと言うプロセッサで網点(ドット)を作り、この網点(PS版)にインクを載せDTPデータを再現するシステムです。 CTP は、ダイレクト出力のために、PS版の焼付けにあたり、従来のフイルム工程で失われていたドットロス(網点の変形)を無くしてしまいました。それが、CTP印刷が綺麗に仕上がる主な理由です。

 CTPは、ダイレクトに刷版に焼付けをするために、印刷画像の品質アップは当然ですが、フイルムの現像工程をはぶき、印刷費のコストダウンにも役立っています。ですから、印刷通販プリントフェスタは、オフセット印刷の最高品質をお届けすることを、お約束できるのです。

 

   tyusen04.jpgのサムネール画像            tyusen05.jpgのサムネール画像のサムネール画像

     PS版の現像                       PS版をセットした4色カラー印刷機

 

 

  軽オフセット印刷  

 軽オフセット印刷は、オフセット印刷機と印刷機は全く同じで、印刷機にセットする「刷版」の違いのみです。刷版に紙でできた「紙版」を使うのが特徴です。材料費が安く、印刷費が安く抑えられますが、刷版1版で、2.000枚位までが印刷枚数の目安になります。写真が入った原稿を印刷する場合に、オフセット印刷より若干、品質が劣る傾向にあります。しかし、原稿に写真等がなく文字のみの印刷の場合は、印刷に大きな違いはありません。印刷費用優先の方には、お勧めの印刷方法です。

 

紙版のCTP出力 (Computer To Plateの略) 

DigiPlate-0486.jpg印刷機にセットする刷版で、紙版は、印刷部数の少ないモノクロオフセット印刷に適しています。PS版のCTPと同じように、パソコンで編集したデーターをダイレクトに感材に焼き付ける方法です。紙版は、印刷枚数が1500枚~2000枚までが可能です。一方PS版は、50.000枚~80.000枚(印刷機の環境による)まで印刷が可能としていますので、部数の多いものは、PS版が適しています。紙版の印刷画像の密度を表す出力線数は133線と100線になります。

材料費が安いことから、紙版はモノクロオフセット印刷の主流として活躍しています。

 

 

hosyou_midashi_3.jpg

 

商売・事業主のエンドユーザー様、デザイン事務所、企画会社、広告代理店様へ

 印刷通販プリントフェスタでは、お客様に商品をお届けする納期を、1日発送、3日発送、4日発送、6日発送と4パターン用意しています。私たちは、印刷会社として、普段にお客様との取引をしています。その経験で、お客様の「納期に対する厳しさ」をよく知っています。

 

IMG_0001_507.jpg

   商売、事業をしておられるエンドユーザー様が、商品の使用目的に合わせて、納品日を決められます。全国のエンドユーザー様が、いわば事業計画に基づいて、納品日を決められるのに、その約束を破っては、私たちの事業も成り立たないことを知っています。  

  また、デザイン事務所、企画会社、広告代理店様もエンドユーザー様にお約束をされて、納期を決められている大切さを知っています。当たり前のことですが、ここで改めて、お約束の納期を守ることを約束いたします。                      納期の詳細については ⇒コチラ

 

haisoubi_a.jpg

 

 

 

hosyou_midashi_4.jpg

 

① 印刷通販プリントフェスタの印刷価格が安い理由

 

group2.jpg

 一般の印刷会社では、一人のお客様で、ワンセットのPS版を使うのが普通です。この場合、例えば、PS版等の感材が10.000円だったとしますと、クーポン券100枚の印刷でも10.000円の感材費がかかることになります。

グルーピング印刷の実施

 ところが、印刷通販プリントフェスタでは、複数のお客様を同版でまとめて印刷するグルーピング印刷を実施しています。この場合は、例えば5社でまとめて印刷しますと、それぞれPS版を1/5づつの負担になりますので、1社2.000円の材料負担ですむことになります。このようにして、印刷価格の低減を実現しています。

←左記の面付けは、A社、B社、C社、D社さま4社による印刷

  

  

② 納期によって価格が違う理由

  例えば、納期が一日の場合、他の仕事の工程も組んであるために、一社だけの独自工程で印刷をしなければ納期が間に合いません。材料費も一社で負担するために、価格が高くなってしまいます。

 逆に納期が6日の場合は、工程の段取りに時間があるために、5社以上のグルーピング印刷をすることが可能です。この為に、価格がいっそう安くなることになります。以上のような理由により、高品質で低価格の印刷を実現しています。

 

※ 例えは余りよくないかもしれませんが、「ある飲み会」で、会場を30.000円で借りていて、10人のメンバーが集まれば、一人3.000円の会費ですが、3人しか集まらなければ、一人10.000円の負担になります。グルーピング印刷も、このような意味に近いものです。

 

 


無線綴じ冊子 作成 印刷 topはコチラ     中綴じ綴じ冊子 作成 印刷 topはコチラ   

 

これが売れてる!人気商品をチェック!!

回数券(飲食)

回数券(飲食系)
デザインテンプレート
100枚 5,610円

商品ページへ
回数券(エステ・美容)

回数券(エステ系)
デザインテンプレート
100枚 5,610円

商品ページへ
回数券(習い事)

回数券(習い事系)
デザインテンプレート
100枚 5,610円

商品ページへ
回数券(完全データ)

回数券
完全データ
100枚 4,840円

商品ページへ
クーポン冊子(オフセット(同版))

クーポン冊子
オフセット(同版)
100冊 12,510円

商品ページへ
クーポン冊子(オンデマンド(同版))

クーポン冊子
オンデマンド(同版)
50冊 9,600円

商品ページへ
クーポン冊子(オンデマンド(別版))

クーポン冊子
オンデマンド(別版)
50冊 10,750円

商品ページへ
(単式)領収書

(単式)領収書
デザインテンプレート
10冊 4,700円

商品ページへ
(単式)領収書(完全データ)

(単式)領収書
完全データ
10冊 4,610円

商品ページへ
(複写式)カラー領収書

(複写式)カラー領収書
デザインテンプレート
1冊 5,730円

商品ページへ
(複写式)カラー領収書(完全データ)

(複写式)カラー領収書
完全データ
1冊 11,590円

商品ページへ